最近人気が高まっている半纏【防寒対策にピッタリ】

記事一覧

遊女の和装

女性

実は知らない遊女の着物

京都には日本の「和」が詰め込まれています。その中でも、今回は「和装」、ひいては京都の花魁の着物について書いていきたいと思います。花魁といえば、何を思い浮かべるでしょうか。花魁はいわゆる遊女であり、客をおもてなしするプロフェッショナルの方です。今でこそ廃れてしまいましたが、現在でも京都の島原には遊女のトップ、太夫が存在しています。また、花魁体験なども人気です。ここで本題に入りたいと思いますが、花魁の特徴的なものの一つに着ている着物があります。彼女らが着ている着物の着方には、一般のものとは違い帯が前で結ばれている「前帯」、着物の裾をを引きずる「裾引き」などがあり、これらにもしっかりとした意味があるのです。花魁が身に付ける和装は、まずはじめに「襦袢」次に「小袖」さらに「打掛」だったそうです。そうして前述の通り前帯を結びます。この前帯は、とても豪奢な柄のものが多く、客の目を引くための着こなしだったそうです。もともとは既婚者を表す前帯だったそうですが、だんだんとそれは廃れていきました。そうして、「今夜、一夜だけのあなたの妻である」という意味合いで花魁達はこの結び方をしていたそうです。また、花魁というと肩を大胆に出した着付けを思い浮かべる方が多いと思いますが、実際はあんなふうに肩を出してはいませんでした。遊女たちははしっかりと着物を身に付け、芸事に接客に邁進していたのです。夢の世界のような京都、島原の花魁、太夫。興味があればぜひ、花魁体験などもしてみてはどうでしょう。