最近人気が高まっている半纏【防寒対策にピッタリ】

記事一覧

祭りの時などに着用

祭り

ユニフォームにも使われる

半纏とは、祭りの時などに着用される簡易な和風の羽織物のことです。時代劇などで火消しが着用しているものも半纏です。現代では祭りのときの衣装としてや、販促セールやイベント時のユニフォームとして、中に綿を入れた冬用の質内着などといった形で使われています。半纏は目的によって値段はピンキリです。簡易な祭り用の半纏ならば、1000円代から手に入ります。中に綿を入れて防寒用にしたものはやや高くなる傾向にあり、安いもので2000円くらい、しっかりしたものだと5000円から10000円ほどすることもあります。ユニフォームとして名入れをしたりオリジナルデザインにしたりするとその分の費用が加算されるので、もう少し高くなります。ただこの場合は綿などを入れず薄い生地であることが多いので、半纏本体の値段は安めにできていることが多いです。ユニフォームなどとしてまとまった数がほしいときは、そういったイベント衣装専門店で探すと安く手にはいることがあります。大量購入することで割引がきくことも多いので、たくさんほしいのならばより狙い目です。防寒着としてほしいのならば、ネットで口コミなどを参考にして探すか、店頭で実際に試着して探すのがよいでしょう。温かさにはかなり差があるためです。特に防寒着としての半纏はかなりボリュームがあるものですが、そのボリュームゆえの温かさとレトロな雰囲気、手軽さが受けて未だに根強い人気があります。イベント用の衣装としても華やかさと活気が演出でき、楽しさを共有できる祭りならではの衣装として人気があります。