原因を知る

アレルギー性鼻炎はどうして起こるのか

アレルギー性鼻炎はどうして起こるのかご存知でしょうか。アレルギー性鼻炎の代表的な病気であるスギ花粉症を例にあげて説明していきます。 スギ花粉症では、スギ花粉がアレルゲンになります。アレルゲンとは、アレルギーを引き起こす物質のことで、その他にもブタクサ花粉やヒノキ花粉等が有名です。 アレルゲンが鼻粘膜に触れることで、アレルゲンと肥満細胞が持っているIgE抗体が反応することになるのです。すると、肥満細胞からはヒスタミンを主体とする炎症を引き起こす物質が放出されてくるのです。 ヒスタミンは、鼻粘膜の毛細血管の透過性を高め、鼻粘膜に充血が起こることになります。そして、鼻水がたくさん出たり、鼻詰まりになったりするのです。

スギ花粉症の治療の現状について

それでは、スギ花粉症の治療の現状について考えてみましょう。スギ花粉症のようなアレルギー性鼻炎になった場合、耳鼻咽喉科に行くことが一般的になっています。 耳鼻咽喉科で、スギ花粉症だと診断がつけば、抗ヒスタミン薬を主体とするアレルギー性鼻炎の治療薬が処方されることになります。 ただし、抗ヒスタミン薬による治療は対症療法に過ぎず、根本的な解決にはなっていないのです。そこで、アレルギー性鼻炎を根本的に改善するためには、腸内フローラを整える必要があるということが分かってきたのです。 腸内フローラとは、腸内細菌叢とも呼ばれ、腸内に棲息している細菌のバランスのことです。腸内フローラを整えるためには、乳酸菌等の善玉菌を増やすサプリメントが有効とされています。